事業開発

note発売中!新規事業をゼロから立ち上げて、月商1,000万円overにするために行ったこと全て

noteバナー
チャック
チャック
こんにちは!チャックです(@neopathos)です。現在、事業開発家として、複数の事業立ち上げを行っています。

今回は、有料note「新規事業をゼロから立ち上げて、月商1,000万円overにするために行ったこと全て」の販売のお知らせです。

このnoteには、タイトルの通り、僕が以前立ち上げたプロパンガス比較切り替えサービス「enepi(エネピ)」の立ち上げを振り返って、事業をゼロから月商1,000万円超まで伸ばすまでに行ったことを全て書きました。

実力派のアフィリエイターさんを初めとして、noteの感想をいただいてます。

チャック
チャック
正直、エッジを効かせすぎたかな…?と思っていましたが、好評で良かったです。

さまざまな有料noteがありますが、本noteでは、

・ゼロから月商1,000万円超の事業立ち上げで経験したことを、包み隠さずリアルにお伝えする

・読者の皆さんにとって役立つように、エッセンス・ノウハウを抽出して各パート毎にまとめる

という点を重視しており、他のnoteとの最大の差別化になっているかと思います。

詳しくは、note本編をご覧ください。

以下、このnoteの特徴と裏話をお話しますね。

このnoteの3つの特徴

このnoteは、以下の3点が大きな特徴となっています。

①時系列に沿って、状況と施策をリアルに描写しました

②ビジネス上のフレームワークを用いつつ、実施施策を超具体的に記載しました

③画像を30枚近く用いて、読みやすさを心がけました

このnoteを読んで、読者の皆さんが「自分でも事業立ち上げできそうだ!」と思ってもらえるよう、出来るだけブレイクダウンして書きました。

noteの内容

noteの目次は、以下の通りです。合計約19,000文字のボリュームとなっています。

・無料部分

月商1,000万円の事業では、どの程度の利益が残る?
このnoteの想定読者
このnoteを読んでメリットのある方
【購入特典】個別質問受付LINE@にご招待!

・有料部分

【2015年9月】立ち上げ当初のコンセプトは別物だった
・タイミング(市場の変化)
・巨大な市場
・自社の優位性
【2015年10月】記事の量産(1ヶ月で100本)
【2015年11月】ピボット1:サービス対象業界の変更
・競合の出現
・蓋を開けてみたら、電気のスイッチングは収益性の低いビジネスだった
【2015年12月】3C(市場、競合、自社)の視点から、イケると思ったプロパンガス切り替えサービス
・プロパンガスの市場
・プロパンガス切り替えサービスの競合
・自社の強み
【2016年12〜2017年2月】顧客の発見・顧客の実証
・当初のサービスコンセプトの変更
・MVPのリリース
【2017年3月】初売り上げ(0→1)
【2017年4月】KPIの設計
・顧客側のKPI
・ユーザー側のKPI
【2017年5月】集客での失敗、違約金の発生
【2017年6月】ピボット2:ビジネスモデルの変更
【2017年7月】管理画面の構築
【2017年8〜11月】伸び悩む売上、改善されないKPI(送客→現調率)
【2017年12月〜2018年2月】
【Appendix】新規事業立ち上げのTips
・契約書の作成
・新規顧客のアポ獲得手法
・メディアグロース
・アライアンス(提携)のつくり方
・新規事業立ち上げのオススメ本
最後に:新規事業は誰にでも創れる
【購入特典】個別質問受付LINE@にご招待!

価格と特典

価格は2,980円です。

居酒屋での飲み会1回の価格ですね。

これで、事業立ち上げの際に起こる、数々の落とし穴にハマる失敗を回避して、順調に事業をスケールさせる確率を高められるかと思います。

なお、特典として、2020年5月末までは、LINEでのチャットベースで、僕が無料で事業開発に関する相談に乗ります。

チャック
チャック
これから、自分のサービスを創っていきたい方は、ぜひお読みください!