複業・節約

ココナラ的なスキルシェア、スポットコンサルの副業サイト5選【実体験あり】

スポットコンサル

こんにちは、ネオパトス@neopathosです。

今回は、会社員でもフリーランスでも、スキマ時間に気軽に始められる、おすすめのスキルシェアサービス・スポットコンサルの副業サイトをご紹介します。実際に自分で活用してみた経験を踏まえて選定しているので、主観も入ってしまいますが、その分信憑性はあるかと思いますのでご安心ください。

結論から言うと、こちらの5つがおすすめのサービスです。

タイムチケット
 …1時間5,000円以上の高単価商品がメインなので、稼ぎやすいです

ココナラ
 …500円から出品可能なので、スキルシェアサービス初心者にはピッタリです

ビザスク
 …高単価。企業に対して業務上の専門知識を提供できそうなら、いますぐ登録を

Saleshub(セールスハブ)
 …営業の仲介サービス。親和性の高い案件が見つかれば、一気に稼げます

クラウドワークス
 …皆さまお馴染みのクラウドソーシングの雄です

上記サービスの特徴や、スキルシェアサービスを提供する上でのコツ・注意点もお伝えします。

それでは、見ていきましょう。

スキルシェアサービスとは何か?

あまり聴き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもスキルシェアサービスとは何でしょうか?

スキルシェアサービスとは、個人のスキルや知識を相手に提供してお金に変えていくサービスのことを指します。

たとえば僕でしたら、「あなたにSEOやWebマーケティングについて教えるので、1時間で6,000円ください」というようなサービスを提供しています。

シェアリングエコノミー系サービスの普及に伴って、個人対個人、あるいは個人対企業でのスキルシェアサービスが数多く登場しました。

同様にフリーランスも、自分の時間の一部を提供して価値を生み出し、その対価として報酬(業務委託料)を受け取っていますね。こういったフリーランスや副業(複業)向けの案件マッチングサービスも、数多く存在しています。

さらに言えば、スキルをお金に変えると言う意味では、正社員として会社に所属して勤務することも、フルタイムのスキルシェアだと言えますよね。

正社員(フルタイム)、フリーランス(短期間)、スポット(1時間)という、期間の長さに応じて、あなたのスキルを欲しい相手(企業または個人)とあなたをマッチングするサービスが多く存在するのです。

それぞれの代表的なサービスをまとめると、以下のようになります。

主なスキルシェアサービス一覧主なスキルシェアサービス一覧

今回は、スポットコンサルのスキルシェアサイトを見ていきましょう。

おすすめのスキルシェア、スポットコンサル5選

スキルシェアサービスあるいはスポットコンサルサービスは玉石混合ですが、僕が経験した実体験に基づき、これからも使いたいと思った5つのサービスをご紹介します。

Time Ticket(タイムチケット)

タイムチケットタイムチケット

おすすめ度:
公式サイト:https://www.timeticket.jp/items
仲介手数料:チケット販売価格に応じて変動(5万円以下の部分…25%、5万円超10万円以下の部分…20%、10万円超の部分…15% *いずれも税別)

タイムチケットは、僕が売り手・買い手の両方でもっとも利用しているサービスです。「わたしの30分、売りはじめます」というキャッチコピーの通り、基本的には、対面(オンライン含む)でのスポットコンサルサービスが主流です。

タイムチケットをおすすめする最大の理由は、サービス(チケットと呼びます)の平均的な単価が高いということです。おおよそ1時間で5,000円以上が相場になっているので、売る側からすると稼ぎやすいですよね。また、実際に相手と会うことが多いので、人との繋がりを感じやすく、売り手・買い手のどちらもモチベーションが高まるかと思います。

ココナラ

ココナラココナラ

おすすめ度:
公式サイト:https://coconala.com/
仲介手数料:販売価格に応じて変動(1円〜5万円以下の金額部分…25%、5万円超〜10万円以下の金額部分…20%、10万円超〜50万円以下の金額部分…15%、50万円を超える金額部分…10% *いずれも税別)

ココナラは、CtoC(個人対個人)のスキルシェアサービスの代表格ですね。もともとはワンコイン(500円)であなたのスキルを出品できるというものでしたが、いまは金額を自由に設定できるようになっています。

特徴としては、基本的には出品者の成果物に対してお金を払う、ということです。具体的には、イラストを書いてもらったり、パワーポイントのスライドを修正してもらったり等です。そのため、対面やオンラインで会話することはなく、チャットベースでコミュニケーションは完結できます。

ビザスク

ビザスクビザスク

おすすめ度:
公式サイト:https://visasq.co.jp/
仲介手数料:30%

ビザスクは、専門的な知識・経験をもつプロフェッショナル(個人)と、そのノウハウを求める企業(法人)のマッチングサービスです。

特定の業界の専門知識や経験をお持ちの方におすすめのサービスです。ものすごくニッチな経験でも、それを求める企業はちゃんと現れることが面白いですよね。

なお、平均的な時間単価は20,000円程度と、ご紹介したスキルシェアサービスの中ではもっとも高いです。顧客企業(特にコンサルティングファーム)によっては、30,000円〜40,000円/hという案件もしばしばあります。

Saleshub

Saleshubsaleshub

おすすめ度:
公式サイト:https://saleshub.jp/
仲介手数料:ご協力金の別途35%(+消費税)。ご協力金の別途35%が¥10,000に満たない場合は、最低手数料として¥10,000(+消費税)が適用

「みんなで取り組むリファラル営業促進サービス」というキャッチコピーの通り、Saleshubは新規顧客に自社商品・サービスを売りたいと考えている企業と、見込み顧客を繋ぐためのサービスです。

SaleshubのWebサイト上に掲載されている案件をチェックして、その案件を必要としていそうな見込み顧客をあなたが紹介するイメージですね。現状はSaaS系のソフトウェアの見込み顧客開拓の案件等、なかなか紹介に繋がりづらい案件も多いですが、紹介しやすいお宝案件を見つけたり、他企業に知り合い(特に経営陣)が多い方ですと、結構稼げるはずです。

クラウドワークス

クラウドワークスクラウドワークス

おすすめ度:
公式サイト:https://crowdworks.jp/
仲介手数料:やや複雑ですが、概ね20%。詳細はこちらをご確認ください

お馴染みのクラウドワークスです。クラウドワークスは、基本的に相見積もりになってしまうので、サービスを提供する側(売り手)の立場ですと、どうしても低単価になる圧力を受けてしまいます。

記事執筆案件で見ても、文字単価0.5円以下の案件がザラにありますよね…。そのため、クラウドワークスは発注者側で利用することをおすすめします。

スキルシェア、スポットコンサルをおすすめする理由

スキルシェア、スポットコンサルに取り組んでみることをおすすめする理由は、大きく2つのメリットが得られるからです。

①スキマ時間に収入を作れる

②自分のスキルや経験、知識が誰かの役に立つことで、自分の自信に繋がる

①スキマ時間に収入を作れる について。

スキルシェアサービスを出品者側で利用する際、サービスの時給単価を自分で設定することができます。運営者側に仲介手数料は取られるものの、自分が納得する金額を提示すれば、低賃金で働くことはなくなります。

特に、上記で挙げたようなスキルシェアサービスは時間単価が5,000円を超えることが一般的なので、一般的なアルバイトと比較すると約4〜5倍と高いですよね。

②自分のスキルや経験、知識が誰かの役に立つことで、自分の自信に繋がる について。

これはぜひ実際に体験してみていただきたいのですが、自分のこれまでの経験を提供して、相手(お客さん)に感謝されお金を稼ぐという経験は、会社員として給料をもらうということとは訳が違います。あなたの経験から生まれる価値が評価されているのです。

もちろん、自分の自信に繋がりますし、「よりスキルを磨いて、相手への提供価値を高めよう。その結果、もっと稼ごう!」と思えるようになるはずです。

スキルシェアサービスで出品するためのコツ

ここまで読んで、「自分には出品できるようなスキルはないよ」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも安心してください。誰にでも自分ならではの経験を培っていると、僕は信じています。その経験をいかに価値に変えるかがポイントなのです。その方法は、下記の通りです。

経験の棚卸をする

経験の棚卸とは、自分がこれまでに経験してきたことを洗いざらい書き出してみる、という行為です。

必ずしも仕事に関わる業務知識や業務経験のことだけではありません。趣味で作ったブログに関してでも良いですし、部屋の片付け方、ナンパの仕方なんかでも良いでしょう。あなたが好きで、印象に残っていることを洗いざらい書き出してみてください。

経験の棚卸するためには、マインドマップを描いてみると良いでしょう。僕が使っているマインドマップ作成のツールは、Xmindというものです。無料で必要十分の機能が使えるようになっているので、とても重宝しています。データ容量が大きいのでPCに負担がかかりますが、PCのスペック的に問題ないようでしたら、ぜひインストールしてみてください。

参考までに、当ブログをリニューアルする際に作ったマインドマップがこちらです。

マインドマップマインドマップ

経験を価値に変える

経験の棚卸をした後に、「あなたのどの経験が、相手にとってお金を払ってでも解決したい課題か?」について考えてみましょう。マーケットプレースのカテゴリーや、その中で出品されているサービスを見てみても良いでしょう。

このとき、深く思い悩む必要はありません。何もあなたの経験が、日本で一番優れた経験である必要はまったくないのです。

僕がいつも肝に銘じていることは、「上には上がいるけど、下には下がいる」ということです。あなたより知識や経験が上の人に教える訳ではありません。あなたより経験不足の人、もしくはまったく未経験の人に教えるのですから、必要以上に謙遜する必要はないのです。

ポイントは、相手の期待値の調整をすることです。あなたが出品するサービスの説明文に、「自分のサービスはどういった水準の人に向けたものなのか?」について、しっかり言及しましょう。そうすれば、あなたのサービスと相手(お客さん)との期待値にギャップが生まれて、クレームに繋がることは激減するはずです。

まとめ

雨後の筍のように生まれたスキルシェアサービスですが、実はサービスが成長せず、撤退したサイトが多数あるのです。運営会社のビジネスモデル的には、売り手と買い手がマッチングした際の販売金額の20〜30%の仲介手数料を取得することが一般的ですが、マッチング回数が増えないとひたすら赤字を垂れ流すことになります。いまも新たなサービスが生まれていますが、いつまで残り続けるかわかりません。

その中でも、今回ご紹介したサービスは、比較的歴史があり、ユーザー数も多く、サービスの安定性が高いと言えるでしょう。

いきなり転職や業務委託案件を獲得することに抵抗がある方にとっては、まずはスポットコンサルの案件から取り組んでみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介した、おすすめのスキルシェア、スポットコンサルサービスをまとめますね。

タイムチケット
 …1時間5,000円以上の高単価商品がメインなので、稼ぎやすいです

ココナラ
 …500円から出品可能なので、スキルシェアサービス初心者にはピッタリです

ビザスク
 …高単価。企業に対して業務上の専門知識を提供できそうなら、いますぐ登録を

Saleshub(セールスハブ)
 …営業の仲介サービス。親和性の高い案件が見つかれば、一気に稼げます

クラウドワークス
 …皆さまお馴染みのクラウドソーシングの雄です